こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
ライブドアブログでは現在、いっしょに働いてくれる運営スタッフを募集しております。募集中のポジションは「事業推進」と「オペレーション推進」の2つ。ただ、募集要項だけでは具体的にどんな仕事で、どんな人に向いているのか、ちょっと分かりにくいですよね……。
そこで今回は、ライブドアブログ編集部の仕事や職場環境について、いつもブロガーさんにいじられまくっているライブドアブログのプロデューサー宮P(LINE社員)のインタビューをお送りします!

600_450
★宮P氏(顔部分の似顔絵はまめきちまめこさん作)


ライブドアブログ絶好調につき、“第二の宮P” 募集中!


ーー今回、運営スタッフを募集することになったのはどういう経緯からなんですか?

宮P:おかげさまで公式ブロガーさんが増えてきて、手が足りなくなってきたからですね。今のサービスレベルを維持していきたいのはもちろんだけど、これからどんどん新しいチャレンジや企画もやっていきたいし。

ーー採用情報のページによると、業務内容は「公式ブロガーのサポート、コンサルティング」イベント企画の立案、実行」などいろいろ書かれていますが、つまりは宮Pさんがやってる仕事ですよね。

宮P:そうですね。ゆくゆくは自分と同じことができるようになってほしいですね。

ーー宮Pさんの今の業務内容はどんな感じなんですか?

宮P:出社したらまずメールを確認して、ブロガーさんからの問い合わせに返信する。ブロガーさんを待たせないように、メールもLINEもなるべく早めに返信するようにしてます。あとは、デザイン制作のミーティングや企画会議に出たり、意見出しをしたり、イベントの企画を練ったり、インタビューに同席したり、丸1日イベントの日もあるし、いろいろですね。

6211333e7175787dd4313afc0a421c2c

★宮P氏のスケジュール例

ーー公式ブロガーさんのサポーター兼ライブドアブログ自体の盛り上げ隊長といったところでしょうか。組織は大きくなってきたけれど、やってることは「人 対 人」って感じなんですね。

宮P
:そうそう。それが一番大事だし、ブロガーさんの成長を間近で見られるところが面白さやモチベーションを感じられる部分でもあるから。人とのつながりはすごく感じられますね。

ーーこの仕事のやりがいって、どんなところですか?

宮P
:いっぱいあるけど、ブロガーさんたちが喜んでくれるのが一番達成感を感じられる瞬間ですね。あとは、企画やイベントにいい反応が返ってきたときはすごくうれしいし、それがあるからがんばれるところはあるかも。


日本全国への出張あり! ブロガーさんに直接会うことが大事


ーーインタビュー企画やイベントは、ここ1年くらいで急激に増えましたよね。

宮P:すごく増えました。片づけとか月曜断食とか企画記事自体の反響も大きいし、出てくれたブロガーさんのPVを後押しできたりして手応えも感じていて。
ブロガーさん同士の交流イベントも、忘年会のような大規模なものから、BBQ料理教室勉強会のような小中規模のものまであって、これからもどんどんやっていきたいと思ってます。

baeabe5cb6ebccf17f87f98cc5f24160-side
昨年のクリスマス料理教室にてデリカシーのなさが露呈した宮P氏。
★たまご絵日記「一流ホテルの料理長にクリスマス映えする料理を教わってきた!」より

ーー出張も多くなりそうですね。

宮P:多くなると思います。今はテレビ電話もあるし直接会わなくても事足りるわけだけど、地方在住のブロガーさんにも直接会いに行って、信頼関係を築いていきたいし、そういうところは効率化せずにいきたいですね。

ーー
面と向かって初めて分かることもたくさんあるし、直接会いに行くって大きいですよね。

宮P:そうですね。あと、海外にもブロガーさんはいるわけだから、海外出張も今後出てくるかもしれない。まずは、台湾あたりからね。「世界中どこに住んでいようと、ライブドアブログで書いてるといいことがありますよ」ってことは伝えていきたいです。

ーー日本のブロガーさんたちと、海外に現地集合してイベントを開催するのも面白そうですね。

宮P:ブロガー修学旅行みたいなね。ブロガーさんに楽しんでもらいたいっていうのはもちろんだし、他のブログサービスではできないことがうちではできるということも強みにしていきたいですね。



求める人物像は「おもてなし好きで、柔軟な感性を持つ人」


ーー「こんな人に働いてもらいたい」みたいなイメージはありますか?

宮P:おもてなし好きというか、人の成長に対して喜びを感じられる人が向いてるんじゃないかと思います。ブログの知識がすごくあるとか、ネット業界でバリバリ活躍していたとか、仕事を効率化できるスキルよりは、人との結びつきや信頼関係をきちんと築いていける力の方が大切だと思ってます。

ーー確かに。数字を追うことも大切だけど、それ以上にどれだけ人と誠実に関われるかが問われる仕事ですね。

宮P:それにプラスして、世の中の動向を含めていろんなことに興味を持てて、新しいやり方や多様な価値観を柔軟に受け入れられる人。「これだけが正しい」とか自分の価値観を押し付けずに、ブロガーさんそれぞれに合った伝え方や心遣いができることも大切かなと。

ーーいろんな個性を持ったブロガーさんがいますからね。

宮P:そう。思いがけない化け方をするブロガーさんもいるから、同じ答えが正解になるとは限らないんですよね。過去のメソッドや勝ちパターンにならうだけじゃなく、「これはどうなんだろう」って思うような意外なものでも可能性を見出してチャレンジさせてみようと思えることが大切です。

ーー臨機応変というか、非マニュアル的という感じですね。

宮P:うん、自分の頭で柔軟に考えられる人だとありがたいです。

ーーちなみに今回は経験者を募集してますけど、どういう職種を経験してきた人が向いてると思いますか?

宮P:客先とのメールを使ったやり取りをした経験以外に必須スキルは特になくて、相手の立場や気持ちを第一に考えられる人であればOK。一応、カスタマーサポートでエンドユーザーとやり取りしていた経験や、出版社やWEBメディアの編集やディレクション経験は歓迎スキルではあります。あとは、公式SNSアカウントの運用経験者。総じて、コミュニケーション能力がある人ですね。

ーーなるほど。「人が好き」っていうのは重要かもしれないですね。

宮P:そうですね。ブロガーさんが自分の顧客だと思って誠実に対応する責任感はあるといいかな。書籍の編集者が、担当する作家を支えていくようなイメージ。

d99f3379-s-side
宮P氏にブログ愛を語らせると話が止まらなくなり、インタビューが止まることもしばしば……。

「面白いからやってみよう!」企画の選定基準は超シンプル


ーー在籍年数などに関係なく、企画がよければちゃんと実現できるところも面白さですよね。

宮P:そうですね。組織が大きくなると企画をこねまくった挙句に実現できないことも多々あると思うんだけど、うちはチャレンジできるし、結果にもつながってきてるから、今いいサイクルにあるんじゃないかな。企画のサイクルが早くて実現しやすいから、そこは面白いと思います。年齢が若くても、入社したてでも、企画が面白ければすぐ実現できるし。

ーーあと、実際にブロガーさんのところに取材に行くと、こちらの企画意図を超えたものになる面白さもありますよね。

宮P:そう。やっぱりこれもひとえにブロガーさんが面白いからなんだけど、その信頼関係が本当にありがたいし、いい人ばっかりなんだよね。そういうすてきな人たちと知り合えるのが幸せなことだと思います。

66d88919-s
こちらは昨年のヒット企画のひとつ「片づけビフォーアフター」。ブロガーさんといっしょに、宮Pはじめスタッフも片づけを手伝いました!
★【片づけのプロが教える】1日でスッキリ快適なお部屋を作る収納テクニックとは!?


ライブドアブログ編集部はアットホームな職場です(笑)


ーーチーム内の雰囲気はどうですか?

宮P:LINEの中では異質ではあるかも。ブロガーさんとのやり取りなんかはウェットだし、人情味が重視されるというか。

ーー確かに(笑) いい意味でおしゃれじゃないかも。

宮P:そうだよね。上長のOさんもお父さんみたいだし(笑)

ーーなんかあったかいですよね。「アットホームな職場です」ってめっちゃブラックっぽいですけど(笑)

宮P:いろんな個性の人がその人のまんまで働けているからか、雰囲気はいいよね。あと、「風通しのいい職場です」とか言うとまたブラックっぽいけど(笑) 上司だから言えないとか、若いから企画が通らないとかはないから、意見は言いやすいと思います。むしろ上司をいじるからね(笑)

ーー宮Pさんもいろんなブロガーさんのブログに登場してはいじられてますもんね(笑)

03d311c1-side
まめこさんのトークショーにて、盛大にすべる宮P氏……。
★まめきちまめこ ニートの日常「イベント凄く楽しかったよ!!みんなありがとう!!レポ」より


宮P流『仕事の流儀』、いかがでしたでしょうか? 
「働いてみたい」とピンときた方はぜひ以下のページからのご応募をお待ちしております!

■オペレーション推進【 livedoorBlog 】