こんにちは、ライブドアブログ編集部です。
 
まめきちまめこの日常」の管理人まめきちまめこさんと、大人気育児ブログ「たまご絵日記」の管理人ナナイロペリカンさんが、引越したばかりのLINEの新オフィスに遊びに来てくれました。
バッチリ記念撮影しつつ、おしゃべりもたくさんしていただきました。

0b2e3d8a3395d713b568437600bc068d


お互いにファンだった二人の共通点は「末っ子」


――お二人はどんなきっかけで知り合ったんですか?

まめきちまめこ(以下まめこ):ライブドアブログのイベント。でもその前からナナペリさんのブログは見てて「おもしろいから近づきてぇ。あ、ライブドアに頼めばいいんだ!」と思って。

――ナナペリさんにまめこさんが会いたがってるって話したら、めちゃくちゃびっくりしてましたよ。

ナナイロペリカン(以下ナナペリ):びっくりし過ぎてiPhoneをトイレに落としました。もうウキウキし過ぎて、幸せの水没みたいな(笑) イベントでは、「あのまめきちまめこさんだ……。」みたいにドキドキしながらだったんですけど。

まめこ:いやいや、ナナペリさんの本とか本当にすごいと思ってた。1話2ページくらいの中におもしろさが凝縮されてて、クオリティーが相当高い!

たまご絵日記 新米かあちゃん奮闘記
著者:ナナイロペリカン
出版社:マイナビ出版


――二人ともキャラ立ちがすごいですよね。共通点はそこかなと思ってるんですが。

ナナペリ:私は兄がいて、まめちゃんと同じく末っ子なんですよ。まめちゃんのブログ見てると、お姉ちゃんからツッコミが入るのとか、冬の寒さにムカついて空気にひじ打ちしたりとか(笑) あの末っ子のどうしようもない感じすごいわかる! と思って。

まめこ:甘やかされとるからかな。だから、すぐ怒る(笑)

無題


子育ては楽しそうな反面、恐ろしい……。


まめこ:ナナペリさんはブログネタが尽きなそうだよね。

ナナペリ:でもすぐ忘れてっちゃうんですよ。子どものおもしろエピソードってお風呂とかトイレとかごはんとか、メモってる場合じゃないときに起こってて。

まめこ:バタバタしてるうちに忘れてくんだ。

ナナペリ:そう。あとでメモっとこうと思いつつほとんど忘れていく(笑)

まめこ:ナナペリさんのマンガ読んでても、子どもが生まれたての小さい頃とかめっちゃ大変そうで、2人目が生まれて大変さも倍増してるのに「そんな大変な状態でこれを描き上げとんの!? 」と思って。ほんとすごいと思う。

1

――まめこさんは、子どもを産んでみたいですか?

まめこ:ナナペリさんのブログ読んだら、「恐ろしい……。」と思って(笑)

ナナペリ:ごめん(笑)

まめこ:でも3冊目に出たマンガを読んだら、子ども2人ともちょっと大きくなってきてすごい楽しそうだなと思って。最初から子どもがかわいくて楽しそうだなとは思ってたけど。

ナナペリ:本当に? そう思ってくれたんならうれしい。
 
 

絵はもともと描けたわけではなかった


まめこ:ナナペリさんは、子どもの描き方とかめちゃ上手! おもしろい顔だけど、かわいい! かわいさと変顔のウザかわいさが融合してて、ほんとにうまい!

ナナペリ:いや〜、うまい人いくらでもいるから勝てないしあきらめてるんですけど、ただ「伝われ! 」って気持ちだけで描いてます。読んでる人がおもしろく笑ってくれれば、写真でも文章でも動画でもなんでもいいんです。でも伝わってくれてうれしい。

1

――ナナペリさんは、もともとイラストのお仕事とかされてたんですか?

ナナペリ:全然描いてないです。最初はなんとかがんばってイラストっぽいものを描いてみたり。

まめこ:そうなんや! それであのクオリティーで出せるってほんとすごい。

ナナペリ:絵はお粗末なものですよ。デッサンとか狂ってるし。ただもともとデザインの仕事をしてて、できるだけいろんな人にわかりやすく伝えたいっていう気持ちだけはあって。

まめこ:でもなんか、例えがおもしろいよね。「なんでそんな思いつくん?」みたいな。引き出しめっちゃ多くない?

ナナペリ:昔よく映画見たのでそのパロディだったり、コント番組のノリから思いついたり。寒がられてんじゃないかなと思いながらやめられないみたいな(笑) ただ、おもしろがってもらえたらいいなあと思いながら描いてます。


お互いのブログで印象に残ったエピソード

 
――お互いのブログでおもしろかった話とか印象に残った話はありますか?

まめこ:キミ子がピアノ弾いてる話。「キミ子かわいい!」と思って。あと、本なんだけど折り紙の話。おもしろい描き方をするなと。

ナナペリ:タマ子が保育園でつくってくる折り紙がだんだん進化してきて、ネックレスとかリボンとか腕輪とか全身につけて、原色の組み合わせでどっかの民族衣装みたくなってるのをたまコレって呼んでて(笑)

まめこ:あの話がめっちゃおもしろい! すごい好き! あとはね、ゴリラのメリーゴーランドの話も好き。

1
 
ナナペリ:よくぞそれを! うれしい! 私もゴリラのは気に入ってます(笑)
まめちゃんの記事はいつ見てもほんとにクオリティー高いじゃないですか。お金払ってもいいくらいに。どれかって言われるとほぼ全部って言いたいくらいで迷っちゃうけど、お姉ちゃんとか、あっくんのネタとか。あっくん好きだなあ。
 
da9ee396e78c82ccc34f0d5d7fc169fa

――あっくんいいですよね〜。あっくん今おいくつなんですか?

まめこ:中学生になった。うちのお母さんとかが女子としゃべってるあっくんを「あっくん、彼女?」とかからかうと、むかーっとなって「そういうんじゃないし!」とか言い返す(笑)


影響を受けたマンガは『あたしンち』、『ちびまる子ちゃん』、岡田あーみん作品


――お二人とも表現が本当におもしろいんですが、影響を受けたものとかありますか?

まめこ:私はね『あたしンち』。アニメじゃなくて本の方の。

ナナペリ:そうなんだー! 新聞に連載してて毎週すっごい楽しみにしてた。

まめこ:めっちゃおもしろいよね! 天才だなと思って。すごい好き!
日常の中の小さいおもしろいこととか、頭よくないと描けんやつやっていうか、気づきがすごい。

ナナペリ:「家族とは」って考えさせられるよね。でも、まめちゃんも家族それぞれのキャラが立ってて本当にすごいと思う! 他には影響受けたものってある?

まめこ:たぶんお姉(姉吉)かな。毒を教えてくれたっていうか(笑) 上の影響ってすごいと思う。

ナナペリ:わかるわかる! 私も兄がいて読んでるマンガほとんど男子向けだったし、女子向けでも『ちびまる子ちゃん』と岡田あーみんが好きだったり。あと、『はた万次郎のおもしろ図鑑』ていうレポマンガもすごく好きで、大人ってこんなおもしろいんだあと思って。子どもの頃に影響受けたのってすごく残りますよね。

まめこ:残る。私はそういうのが『あたしンち』だったのかも。小さい頃はわからなかったあるあるとかも大人になって読むとわかったりして、今も何回も何回も読んでて。

ナナペリ:『あたしンんち』は男女問わず全年齢が共感できるけど、まめちゃんのもそう。お母さんも、お姉ちゃんの社蓄っぽいのもわかるし、ポニキも、あっくんもいるし!
 


おしゃべりが尽きないお二人。このあと、共通の友人である「カータンBLOG あたし・主婦の頭の中」管理人のカータンさんと3人でランチすべく、昼の歌舞伎町へと楽しげに消えて行かれました。

読者プレゼント


今回のインタビューを記念にして、お二人のイラスト&サイン色紙を抽選で2名の方にプレゼントします!

S__540710

応募方法:
(1) ライブドアブログの公式Twitter(@livedoorblog)をフォローしてください。
(2) 5月7日(日)までに、以下のツイートをRT(リツイート)してください。

 (3) 当選者の方にはDMでご連絡いたします。

お二人のブログもぜひチェックしてみてくださいね!

4943864eb53c63adbad2feffda7a1956
 
96b052c1a854a2ce655a23f038add4a9