不敵なドヤ顔で大人気の柴犬ブログ「柴犬どんぐり コロコロまんが日記」が書籍化されました。
なんと、160ページフルカラーです。


鳴き声は「あわわわわわ…」決め顔は「ドヤ顔にやり」。
おバカな個性派柴犬・どんぐりと翻弄されっぱなしの著者・ひまが過ごす爆笑と胸キュンの日々!
書籍でしか読めない「わが家初日のどんぐり」「人見知りだった頃」「おバカすぎて封印した過去」などのエピソードも多数収録!
(内容紹介より)



この本は、なかなかにキャラの立った「どんぐり」という名前の柴犬との日常を描いたコミックエッセーです。50ページ以上の描き下ろしが収録されているので、ブログの読者にも読み応えのある内容となっています。


主役のどんぐりは、「ドヤ顔」で悪さの限りを尽くし、怒られると「あわわわわわ……」と低音で抗議の声を上げるという、にぎやかな女の子。もうすぐ2歳です。

1


壁紙は食いちぎるし、ぬいぐるみの首はもぐし、レバー式のドアノブを操作して開けっぱなしにするし、飼い主の座布団は乗っ取るし、まさに台風のような存在です。

2


身体にテープをひっつけたままドヤ顔。

4


ふだんは室内で飼われていますが、もちろん散歩も大好き。外で転げ回るのも大好き。道端に落ちている木の実や虫にボディープレスをするのも大好き(…!!)


冒頭から連発されるやんちゃエピソードに「こんなに自由にさせて大丈夫なんだろうか……?」と心配になってくる頃に、家に迎えた直後の子犬時代と、それよりも前に17年間飼っていた先代犬「ぺっちゃん」の思い出が描かれます。

介助が必要になるまで老いてこの世を去ったぺっちゃんに厳しく接した後悔と、ぽっかりと心に開いた穴。それを埋めるべく迎え入れたどんぐり。だからこそのびのび育てると決めて、とてものびのび育ったんですね。

そう気付いてみると、家族の困り顔も幸せそうです。


読み始めはどんぐりに圧倒されますが、言ってみればこの本は、元気一杯の若犬の現在を軸にしつつ、子犬を迎えることから老犬介護まで、「犬を飼うとはどういうことか」を余すところなく教えてくれる一冊です。

犬を飼ったことのある人・飼おうと思っている人はもちろん、ただコミックエッセーを読みたいという人にもおすすめです。


Kindle版も同時発売です。


(※2017年2月23日現在の配信データを確認する限りでは、カバー下イラストや帯の内容が収録されていないので、ファンの方には書籍版の方がおすすめです)


今回の書籍化をきっかけに興味を持たれた方は、ぜひブログもご覧ください。

ブログ「柴犬どんぐり コロコロまんが日記」を見る
LINEで「柴犬どんぐり コロコロまんが日記」の更新通知を受け取る


本の発売を受けて、ブログに最新記事が上がっています。

本日発売!!『ドヤ顔 柴犬どんぐり』


ブロガーのみなさまへ


本を出版される際には、ぜひご連絡ください。PRに協力させていただきます。

ブログで人気が出て書籍化されました 

お問い合わせフォーム 


今後ともライブドアブログをよろしくお願いいたします。