いつもlivedoor Blogをご利用いただきありがとうございます。
担当の坪田です

新管理画面に「書きかけ記事のバックアップ機能」を実装しましたのでお知らせします。

■書きかけ記事のバックアップ機能について
この機能は、記事を書きかけのときに画面を閉じたり別のページに移動してしまっても、もう一度「記事の投稿」画面に戻れば、システム側が自動的にバックアップしたデータから、入力した内容を復元できる機能です。時間を置いて書き直したいなどの場合は一旦「下書き」で投稿して保存してください。

▼バックアップ記事の復元方法
バックアップデータが存在する場合は「記事を書く」ページを開くと以下のダイアログが表示され「実行」を押すと前回入力した内容を復元します。
記事毎にバックアップされますので、記事の再編集時にも安心してご利用いただけます。

※バックアップデータはローカルPCに保存されます、他のPCから保存内容を復元する事はできません
dialog

▼記事の自動バックアップの設定
config
・有効設定
デフォルトで自動バックアップ機能が有効になっています。チェックボックスで機能の有効、無効を切り替えます。

・容量の設定
flash
ローカル記憶領域に保存するデータの最大容量を設定できます。
古いバックアップデータは約3日で自動的に削除されますが、バックアップ容量が不足する場合は「ローカル記憶領域」を増やしてご利用ください。
※Internet Explorerをご利用の場合はローカル記憶領域の変更後「閉じる」ボタンを押さないと設定が保存されませんのでご注意ください。

・データをクリア
コンピュータに保存されているバックアップデータがすべて削除されます。削除すると絶対に復元できませんのでご注意ください。

今後ともlivedoor Blogをよろしくお願いいたします。
機能についてのご質問や、不具合などのお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
https://contact-cc.line.me/livedoor/